はてな研究所

俺たちの聖域はオナ禁 ~No Stand No Future~

睡眠の重要性

綺麗になりたい。もてたい。学力、成績を上げたい。痩せたい。

 
しかし現人はそういうことに執着していますが、大事な事を忘れている気がします。
 
それは健康です。
 
何かに執着している人は実に視野が狭いです。
40代でも美しい女性もいます。それはストレスの対処や健康管理がしっかりしているからだと思います。
 
受験生もそうです。勉強をしすぎて睡眠を疎かにしてしまう。それで成績が悪くなったりイライラしたりする方も多いです。
 
そもそもやる気や精神力といったものは睡眠によって生まれます。故に睡眠を疎かにするとついついぼーっとしたり、いつまでも気が乗らなかったりします。
 
実は私もこのような経験がありました。
 
勉強において質と量、どちらが大事かと天秤にかけたところ量が大事に決まってると。それで冬休みから3時間睡眠でやり通し、休みが明けた暁には寝不足で体がついていかず、
  • 学校の補習に連続で遅刻
  • 単語テスト3点
  • 先生に怒られストレスがたまり周りの人に反抗
  • 授業中居眠り
  • 部活ですぐ息切れ
  • 忘れ物も増える
  • いつも精神的に落ち着かない
  • メインの成績もちっとも上がらず嫌になる
  • 自分が寝不足であることを自覚していない
最後のやつは本当に気がつくのに時間がかかりましたね。真面目にですよ。こんな単純なことが気がつかなかったのです。寝不足でこんなになっているなんておもいませんでした。恐ろしいですね。
 
睡眠をバカにしてはいけません。睡眠は1日の柱となります。
 
睡眠について今日はお話しします。
 

睡眠とホルモン(初心者向け)

f:id:aifia216:20160122200115p:image
このように睡眠には深さがありレム睡眠(浅い眠り)、ノンレム睡眠(深い眠り)が90分周期でコサインカーブを描きながらやってきます。
 
レム(REM)っていうのは、Rapid Eye Movement の略です。要するに、レム睡眠では、寝ている人の目を開いたときに動いている状態です。面白いですね。
 
ノンレム睡眠の時は体が回復し、記憶が定着したりする一番大事な時間です。睡眠の質が良いほど記憶が定着し、鍛えた体も作られていきます。
レム睡眠の時は眠りが浅いのでこの時間を狙えば目覚めが良くなります。
 
睡眠時は成長ホルモン、性ホルモン、などのホルモンが分泌されます。そこで大事なホルモンはメラトニンです。
 
メラトニンは熟睡ホルモンで強い光によって減少していくことからドラキュラホルモンとも呼ばれます。
メラトニンは太陽光を浴びた17時間後に分泌されるとされています。
 
ぶっちゃけて言えばメラトニンを増やせばノンレム睡眠の時間が増えて睡眠時間が短くて済みます。私の知り合いは4時間ですし、極限まで達すると1時間でもやってきけるようです。
 
朝起きて、太陽光を浴びるとメラトニンセロトニンという癒しホルモンに変わります。朝の充実感の状態はこいつです。
f:id:aifia216:20160122202804p:image
 
現代人はセロトニン不足と言われています。セロトニンが不足すると…
  • キレやすくなる
  • 落ち着かない
  • 冷静にものを考えられない
  • 続けたいものが続けられない
  • 我慢ができずすぐに目先の快感にとびつく
このような人が多いです。特に最後のやつは、セロトニン不足によりドーパミンが暴走することからです。
 
ちなみに私は6時間の睡眠を11時〜5時に取ることをオススメします。時間にゆとりがあるなら7.5時間がオススメです。
 
理由はまた今度お伝えします。では。