はてな研究所

俺たちの聖域はオナ禁 ~No Stand No Future~

依存とは、心の居場所がないこと

どうやら最近鬱気味です。毎年一月は自分の場合ろくなことないんですね。なぜかわからないですけど

 

それはよしとして、、聞いてください。僕は悟りました。しばらくオナ禁から距離を置いて、もっと別のことを磨いていこうと思います。はじめの目標はオナ禁で彼女を作ることでしたが、もうそんなことに興味はなくなりました。

 

kiyopee.com

こちらのブログをご覧ください。きよぺーさんのブログ。

僕は一人の女性に片思いしてた。つきあえばもちろん大事にしようと思ってたし、諦めたくはなかった。片思いが始まって4年たった今日この頃、このブログを見て僕は…

 

過保護に育てられた男性に多い傾向があります。

小さい頃から、大切に育てられた。

 

原因の一つ目は、恋愛に対する免疫力が低いことです。

 

etc....

 

これ、もろ自分じゃん。。。

 

当てはまりまくったのだ。見るたび自分に恥ずかしい。自分の親は過保護だった。平成時代はそんなことは少なくないだろう。それゆえ、自分の親に対する甘えがこれで当たり前だと思ってたのだ。

雨が降ったら車で送ってくれる。ごはん支度もお風呂掃除も自動でしてくれる。お茶頂戴ていえば持ってきてもらえる。学校までの荷物が重い時は車。風邪ひいたら親と一緒に病院行く。できないことは親に頼む。コンタクトも親がとってきてくれる。

そう!俺は今まで親に頼りすぎていたんだよ!親に依存してた!男として、自立できてない!!男が自立してないで彼女ができるわけねーだろ。 f:id:aifia216:20170126173349j:plain

ということで、僕は今まで大きい誤解をしていたようで。恥ずべきことを恥だと思ってなかった。何より恥ずかしいことだ。これから、ぬくぬくとしたビニールハウスから逸脱して人に甘えずに自立して生きていこうと考えている。どうせ僕は、彼女できたら甘えるつもりなんだろう。男がそんなんじゃだめだ。男として、女に恋してるうちはまだまだ甘いんじゃ。世の女性は一途な男性が好きとは言うが、その裏には前提があることを忘れちゃならない。

 

どうやら、手段が目的になりつつありそうです。僕はもう人に甘えません。もちろん体も求めずに。もちろん彼女を絶対作らないってことじゃなくて、自分の軸が女じゃ人生損してるってこと。だから、筋トレや瞑想、そのほかにもやるべき大学の勉強、そういったものを究めてみる。

で、オナ禁は当然続けるけど、リラックスして取り組もうと思うんだよね。日常的にエロいことを考えずに勃起すらしないぐらいが理想的、エロ見たけど射精はしてないとか、オナ禁意味ないからね。

 

ほんとにオナ禁はいい勉強になりますわ。だめな自分を叩き直すいいきっかけになります